出会い系体験談

【仙台出会い系でヤレた体験談】アニオタが20歳ガールズバー店員とタダマンした話

【仙台で出会い系でヤレた体験談】アニオタが20歳ガールズバー店員とタダマンした話。仕事の都合で行った事も無い遠方に転勤したばかりで、女の子との出会いどころか友人すらまだ居ない土地に来て2週間で20代後半の冴えないオタクの僕が、年下の童顔色白細身の20歳ガールズバー店員とタダマン出来た超ラッキーなお話します!

【仙台で出会い系でヤレた体験談】寂しさからとにかく出会いたくてハッピーメールを使ったのが始まり!

まずは話に入る前に簡単な僕のスペックから紹介します。

・身長 163cm
・体重 78kg(ぶっちゃけおなかぽっこりのだらしない体系)
・趣味 アニメ観賞

基本的に知らない女の子からすればキモオタの部類です。

転勤で仙台に半年間ほど飛ばされました。仙台なんて足を踏み入れたことがなかったのでまさに未開の地です。

毎日仕事が終わって知り合いも居らず寂しい毎日に、誰か女の子とヤリたい!そんなエロくて軽い気持ちからハッピーメール(出会い系サイト)に登録している女の子にメッセージを送りました。

特にアニオタな僕には他に話すネタもないので、アニメ好きとプロフィールに書いている女の子を探して積極的にメッセージを送っては様子を見ていました。

何の様子を見ていたかというと「ヤレる」感じかどうかです(笑)

そんな中で奈美という20歳の女の子から一通のメッセージが帰ってきました。
プロフィールではフリーターでガールズバーの店員をしているとのこと。写真はアバターだったのでこの時点では顔は分からずでした。

奈美「はじめまして!なみっていいます!遠方から来たって書いてましたがどこから来たんですか?」

僕「返信ありがとうございます!東京都から来ました!」

奈美「え!そんな遠くから!?お仕事の都合ですか?」

スタートはこんな感じで他愛も無い話をする中で仲良くなり、LINEを交換し合いました。

すると徐々にアニメの話になりました。

僕「アニメ好きって書いてたけどどんなアニメが好きなの?」

奈美「コードギアスってアニメなんですけど知ってますか??」

僕「おぉ!それ、僕もめっちゃ好きなやつだよ!!」

共通のアニメの大ファンということで、一気に話が進展!

コチラには知り合いがいないし土地勘もないから休日にどこに行ったらよいかも分からないので良かったら遊びに連れてって欲しいとお願いして、会う約束を取り付けました。

【仙台で出会い系でヤレた体験談】会ってびっくり!超好みの女の子にガッツポーズ!

いよいよ当日、待ち合わせ場所の繁華街の交差点に到着!

奈美「どんな格好でいますか?」

僕「ジーパンに紺色のコートで自販機のある駐車場の所にいるよ!」

奈美「分かりました!まもなく着きますね!」

そんなメッセージから3分後くらいだったでしょうか。ドキドキしながら待っていると

奈美「あの○○さんですか??」

と声をかけてきた女の子。振り向いてびっくり!

落ち着いた茶色の長めの髪を軽く巻いた、目のパッチリとした色白で童顔な美少女!レースやリボンのついたふわふわしたガーリーな姿がばっちり似合う細身で小柄な女の子が立っているじゃないですか!

もうこの時点でどストライクすぎて心の中ではガッツポーズ!テンションMAXです!

合流してからは僕の車に乗って奈美の案内で遊ぶ所や名所などを巡ってから、日が暮れてご飯を食べに行きました。

ガールズバーで働いているだけあってお酒が大好きな奈美のお勧めでワインが飲めるお洒落なお店へ入り、そこでかなり飲んだ後に

奈美「○○ってワインが有名で美味しいんで飲ませてあげたいな!」

僕「それってどこで飲めるの??」

奈美「コンビニやスーパーでも売ってる地方のお酒だよ!」

僕「飲食店じゃないのかよ!笑 今飲めないじゃん!笑」

奈美「じゃあ、呑んでいこうよ!うちにあるから!」

この時点でお酒の力とはいえ、出会った日の夜に奈美の家に行くことになり内心ドキドキです。

【仙台で出会い系でヤレた体験談】オタク女子だからこそのエッチに大興奮!

奈美の家に着くと、奈美が早速お勧めのワインとチーズを出してくれました。

それを呑んでるうちに更に酔いが回ったのか、奈美が部屋着に着替えてくると隣の部屋に。

戻ってきた奈美はガーリーなキャミワンピ姿!小ぶりな胸の谷間が丸見えな上に色白の足が見える状態にすでに興奮しまくりです!

僕「あの、目に毒なんだけど!笑 そんなエロい格好してたら襲っちゃうよ?」

奈美「ふふふ♪なーに?もしかしてエッチなことしたいの?」

僕「そりゃ、奈美ちゃんみたいな可愛い子が目の前でそんな格好してればね?

奈美「ここが気になるの?笑」

そういうと胸元をちらっと開いて見せてきました。この時点で理性が吹き飛びました!笑

抱き寄せてディープキスすると、奈美も舌を絡めて来ました。

それと同時に無防備な胸に手を突っ込み、指先で乳首を転がすと

奈美「んっ…ふっ…」

と甘い吐息が漏れ、更に興奮した僕は夢中で奈美の唇と胸を攻め続けました。

徐々に攻めて、キャミを半分脱がし乳首を舐めて、すでにびしょびしょのあそこ指でかき回していると酔っていたのもあり、

奈美「力入んない…立てないよぅ…」

と甘い声でとろんとした瞳で僕に訴えて来ました。

そこでそのままベッドに連れて行き、フェラをお願いしました。

目の前でアイドルのような美少女が僕のを咥えている興奮に加え、包み込むように咥えながら裏スジを刺激してくる超気持ちいい攻め方!はち切れるかと思うくらい立ちっぱなしでした!

そして、いよいよ挿入。なんとパンティを脱がしてみるとパイパン!何かいけないことをしている気分に興奮して即挿入です!

挿入して突いていると、アニメ声の可愛いあえぎ声に加えて

「気持ちいい!○○くんのおちん○ん奥まで届いて気持ちいい!」

「もっと!もっと突いて!○○くんのお○んちんで奈美の中ぐちゅぐちゅにしてぇ!」

「奈美のこと、もっとめちゃくちゃにして!○○くんので奈美のお○んこの中いっぱいにして!」

等のまるでエロ漫画に書いたようなエロい台詞が!この非日常的なくっそエロい台詞を目の前で裸で喘いでいるどストライクの美少女が発するわけですよ!興奮しないほうが無理です!

そのままフィニッシュへ向かう激しいセックスの最後に、

僕「イ、イきそう!どこに出して欲しい?」

奈美「奈美のお口に○○くんの精子いっぱいちょうだい!全部欲しいの!」

この台詞で完全にKOされました!笑

溜まっていた物を全て奈美の口にぶちまけました。奈美はそれを笑顔ですべてごっくん。
そのままベッドで終わった後もいちゃいちゃしていたら、お互い寝落ちして気がつけば朝でした。

ベッドでイチャイチャしてたときに聞いたのですが、オタク女子ゆえにエロ同人等にも精通していて

「男の人はああいうの実際に言われた興奮するんでしょ?元彼がそうだったの♪」とポロリ。

はい!興奮しました!最高でした!ご馳走様でした!ふと使ったハッピーメールで最高の出会いになりました!

オタク女子はどうやらオタク男子の心が分かるそうです(笑)