出会い系体験談

出会い系でセックスレスのエロい人妻と身体だけの不倫関係になった体験談

出会い系でセックスレスのエロい人妻と身体だけの不倫関係になった体験談。

ついに、人妻とセックスしてしまいました。初めての経験だったのですが、たまらないものですね。しかも…一夜限りの関係、いわゆるワンナイトラブなのではなくその後も不倫関係が続くという、初めての経験。

【出会い系体験談】ほとんどの人妻はセックスレスになってしまうという噂は本当でした。

仕事は営業職の27歳男です。

会社には男ばっかりで、ほとんど女性には縁のない業界で働いています。

まわりに色っぽい話があるはずもなく、ただ女の子とヤリたい(理想の人がいれば付き合いたいw)と思って出会い系をやっています。何人かと会うことができたのですが、人妻さんと会った時はかなり衝撃的でした。

人妻ってなんかエロい響きがありますよね。悶々としているというか、経験豊富というか、とにかく人妻=エロイ、というイメージを男はみんな持っているのではないでしょうか。

イメージだけではなく、人妻ってやっぱりエロいんです。実際に約50%の夫婦が結婚してセックスレスになっているといいうデータがあるんです。ですから二人に一人の人妻はセックスレスで、悶々としているということになるんですよね。

先日出会い系で会えることになったのは、36歳の人妻の彩子さん。出会い系をしている理由は、

「一人でいると、旦那が帰ってくるまでけっこうヒマなの」

ということでしたが、話を聞いているうちに段々と自分のことを話してくれるようになって、

「結婚して三年目くらいからだんだんセックスレスになっちゃって」

「ここ最近は半年ないの」

「誘ってこないし、自分で誘うのもなんかくやしいし」

とやはりセックスレスをどこかで解消したくて、出会い系をやっていることが判明しました。

【出会い系体験談】人妻には時間がない。会うということは、関係を持つつもりということ。

さて、待ち合わせにやってきたのは、とても30代とは思えないきれいなおねえさんでした。どう見ても20代後半。

ワンレングスのストレートロングで、夏だったのでノースリーブからのぞく二の腕がむちむちしていたいきなりセクシーです。下はピチピチのデニムで、大きめのお尻がかなりそそる感じでした。人妻って聞いていなければ完全に20代にしか見えません。

「初めまして」

なんか出会い系にしてはかしこまったあいさつをされてちょっとびっくり。

「暑いから涼しいとこに行きましょうか」

と彩子さんが言います。

涼しいとこってカフェかなんかに行くのかな、と思ったらタクシーを拾ってホテル街の方へ向かいました。

「真っ昼間からいきなり?」

と思いましたが僕が拒否する理由は何もありません。日常的にセックスをしている人妻は、男と会ったらセックスするというのは当たり前のことなのでしょうか。まあ話が早いに越したことはありません。

彼女が向かったのはちょっとおしゃれ系のラブホテル。もしかしたら彼女の行きつけなのかな、と思ったら下半身に力がみなぎってきました。

部屋に入ると、

「5時までしかいられないけど、楽しもうね」

と言われてしまいました。夕食の支度もあり、旦那さんが7時ころには帰ってきてしまうからだそうです。

しむっていうのはセックスのことだよなー、と突っ立ったままぼんやりしていると、彼女がキスをしてきます。

すぐに舌を絡めてきたので僕も舌を絡ませ、デニムの上からお尻を撫でてみます。

ひとしきりキスしたところで、

「お風呂一緒に入ろうか」

とのお誘いなので遠慮なく一緒に入ります。全身を洗ってくれて、股もチンコもお尻の穴まで丁寧に洗ってくれるうちに僕はもうビンビンです。

「こんなに硬いの久しぶりに見たわ」

と言いながら彼女はちょっとはにかんで笑いました。

ありがとうございます!

【出会い系体験談】セックスの良さを知っている人妻はセックスの楽しみ方を知っていました。

ベッドに入ってキスをしながら、

「するのとされるのとどっちが好き?」

と聞かれたので、

「どっちも好きです」

というと、

「そう、私今日はしたい気分なの。いい?」

と言うと、激しくベロチュウして片手で僕のチンコをしごき始めます。やっべマジエロい。

「若いからね。。。」

と言いながら僕のモノを楽しんでいるみたいです。

そして僕の後ろに回って、人妻ならではの柔らかいおっぱいを背中に押し付けながら、手コキしてくれました。

「ちょっと膝で立ってくれる」

と言われベッドの上に膝まずくと、彼女が四つん這いになってフェラチオが始まりました。

初はいやらしくぺろぺろと舐め、しばらくすると手を使わず口だけでのフェラ。

上から見ているときれいなおねえさんにフェラチオされてるし、大きくてきれいなお尻が口でピストンするたびに上下に揺れるし、それはもうアダルトビデオを生で見ているような光景。

そして僕をベッドに押し倒し、ムチムチのお尻を僕の顔の方に向けてシックスナインになりました。されてばかりでは男がすたるので、割れ目を広げて舌でぺろぺろします。

フェラチオで興奮したのかもう割れ目はトロトロになっています。

「はうっ」

ここで初めて僕が責めに回ったので、待ちかねたように彼女が喘ぎ声をあげます。

舌をとがらせて彼女の中に入れながらヌルヌルの愛液をつけてクリトリスを指でまわすようにいじると、

「あっ。そこっ。いいっ」

とチンコから口を離していい声を出します。でも手コキは続きます。(チンコから手を離さないあたりがたまりません)

しつこく舐めた後、指を挿入すると、まるで飲み込まれるように入っていきます。ゆっくりと指を出し入れすると、動きに合わせて、

「ああん。。ああん。。」

と腰をくねらせて喘ぎます。

「後ろから入れて。。。」

とお尻をこちらに向けて、おねだりしてきます。お尻がきれいで大きいので僕もバックで責めたいと思っていました。ここまで来たら、グッと奥まで挿れてじっくりと突いていきます。

「あっ。硬い。気持ち いいっ」

と自分でも腰を動かしています。お尻がぶつかってパンパンする音と、ピストンでくちゅくちゅする音がいやらしくて興奮倍増です。

僕がイキそうになったことをなんとなく感じ取ったのか、

「イクときは顔見てイキたい。。」

と正常位に体位を変えます。

僕はもうほとんど限界だったので、ベロチュウしながらガンガンピストン。彼女はキスしながらも、

「あうっ。あふんっ」

と吐息交じりに喘ぎます。最後は抱きしめあって体を密着させながら発射。入れたまましばらく抱き合っていると、彼女のおまんこがピクピクっとチンコをしめつけてきて、くすぐったかったです。

やっぱり人妻はセックスの回数をこなしているせいか、エロいというか、20代の若造とはレベルが違うことを思い知らされました。

彼女も僕を気に入ってくれたのか、それからも何回か会っています。でも人目についたらまずいのでデートするとか食事をすることはなく、会って即ホテルという関係です。

人妻とセックスできるだけで十分なのですが、最近はたまにはお酒でも飲んでゆっくり喋りたいなあとぜいたくなことを考えています。

▼僕みたいにエッチしまくりたい人はこちらをご覧ください▼