出会い系体験談

【出会い系PCMAXでヤレた体験談】ヤリマンビッチと体の関係が続いた話

【出会い系PCMAXでヤレた体験談】ヤリマンビッチと体の関係が続いた話。これは僕がPCMAXという出会い系サイトを使って出会った女の子と出会って即パコし、その後も体の関係が続いたという体験談です。

タダマン決めたい人はコスパのよい出会い系がマジでオススメです。

【出会い系PCMAXでヤレた体験談】女の子とのメッセージ

PCMAXという出会い系サイトを始めて1週間くらいが経った頃、年齢が同じ女の子から一通のメッセージが届きました。

「こうゆうの初めてなんですが、良ければお話しませんか?」と。

出会い系サイトって業者とか多いので怪しいなと思いながらも返信します。

「僕も初めてです!お話ししたいです!」

と無難な返信をしました。

すると数分で「嬉しい!仲良くなったら会ったりしたいです!」と返信が来ました。

過去にも違う出会い系サイトを利用した事がありますが、今までにないような純粋な雰囲気な女の子でした。

その後数日に渡って、たわいもない世間話のメッセージを繰り返しました。

世間話と言っても出会い系サイトなので「好きな体位」とか「オナニーはするのか」とか当然エッチな話もしました(笑)

「そろそろ会ってみる?」と聞くと彼女も「会ってみたい!」との事だったので早速彼女と一度会う事に。

メッセージで待ち合わせ場所と待ち合わせ時間を決めて、その日を楽しみに待ちます。

【出会い系PCMAXでヤレた体験談】女の子と出会う

女の子との待ち合わせはとある駅で会う事に。

待ち合わせ場所に着いて10分くらいすると、同い年くらいの女性が片手に携帯を持って歩いているのが見えました。

確認のために「どんな服を着てますか?」と聞くと「白いワンピースで携帯持って駅前歩いています!」と返信が来たので、その女性に手を振りました。

女性も気づいたようでこちらに駆け寄って来てくれました。

実際に会ってみるとびっくりするくらい美人で、ぽっちゃりで薄毛の僕は自分の容子が恥ずかしくなってしまいました。

その時、時刻は夜20時頃。

駅近くの居酒屋へ入る事にしました。

食事をしお酒を飲んで、ほろ酔いになったところで「この後ホテルとかどう?(笑)」と冗談混じりに伝えると「いいよー!明日予定ないし!」とあっさりOKの返事が。

今までの出会い系サイトではここまでうまく行くことがなかったので、少し不安でしたがそんな事よりもとりあえずホテルへ(笑)

【出会い系PCMAXでヤレた体験談】ついに女性とSEX

ホテルへ入るとまず2人でシャワーを浴びます。

シャワー中、彼女は食事している時からは一切想像できないような雰囲気で結構積極的に触ってきます。

もちろん僕はもうギンギンです。

今すぐにでも挿れたいと思いながらも、優しく彼女の体を洗いました。

すると彼女の方から「挿れて」と。

聞き間違いかと思い、聞き返すと「だから挿れて、今!」と照れ臭そうにお願いしてきました。

出会い系でこんな子居るのかと思うくらいの清楚な雰囲気の女の子なのに、そんな積極的に?!と思いながらも壁に手を突かせてバックで挿入。

シャワー中にいきなりだったので、彼女は少し痛かったのか「優しくしてね」と。

その言葉でさらに興奮した僕はゆっくりゆっくりと腰を動かしました。

すると彼女も「あっ…あんっ…」と少しずつ声が漏れてきて自分で腰まで動かしています。

油断したら出てしまうと思った僕は、一旦抜いて彼女を抱きかかえてベッドに向かいました。

ベッドに寝転ぶと彼女はいきなり僕の上に乗って、自分の人差し指を自分で舐めて僕の乳首をクリクリと弄りながら「早く続きしよ?」と誘ってきます。

こんなにエロい人居るのかと思いながら、そのまま騎乗位で挿入。

彼女の騎乗位はまるでAVかのようなテクニック。

腰を前後に動かすたびに、クチュクチュと擦り合う音が最高にエロい。

最後は騎乗位のままおっぱいを鷲掴みにし、彼女も「きもちいい〜あっ、はぁっ…」と声を大きくしているところに顔射。

顔射され口周りについた精子をベロでぺろぺろ舐める彼女はエロすぎた。

彼女のセックスがあまりにも気持ちよすぎたので「よくこうやって初対面でセックスしてるの?」とストレートに聞くと彼女は「出会い系では初めてだけど、良くクラブで出会った人とはしてる〜」と、やはりヤリマンでした。

そして体の相性が驚くほど良かったので彼女にセフレを希望する事を伝えました。

「今後もこうゆうふうにたまにでいいから会ってしたいんだけど、どう?」と。

「全然暇な時が合えばいいよ〜!またしよー!」と返答が。

こんなにうまくいっていいのか。

可愛くてヤリマンのセフレなんていいのかー!と思いました(笑)

そんな話をしているうちにまた勃ってきてしまった僕に彼女は「これ使ってみたい〜」と部屋に置いてあったローションを手に取りパイずり。

そう。可愛い上にFカップらしいんです。

Fカップで無我夢中にパイずりしながら自分も感じちゃってる彼女を目の前にするとすぐに射精。

初セックスはそこで終了です。

彼女とはその後も何回か会う事に成功し、無事セフレへと発展。

見るたび見るたび可愛くなっていく彼女を見ながら「PCMAX様ありがとう〜」と思っています。

▼僕みたいにエッチしまくりたい人はこちらをご覧ください▼