出会い系攻略

出会い系ファーストメールの返信率を3倍にした極秘テクを大暴露【テンプレ有】

出会い系ファーストメールの返信率を3倍にした極秘テクを大暴露【テンプレ有】

当たり前ですが、女の子とセックスするためには直接会う必要があります。出会い系サイトはワンナイトラブを決めやすいものの、アプローチした女性に食いついてもらわなければそもそも会うことが出来ません。

そこで、ここでは会う確率を上げるために重要な『一通目のファーストメールの書き方と内容』をテンプレートも含めて詳しくお伝えしようと思います。ファーストメールの質を上げることで女の子からの返信率をグッと高めることができます。

「ファーストメールの返信来ない…」「ファーストメール何を書けばいいのか分からない…」なんて悩んでいるあなたも、実際私が何十人も落としてきている信頼と実績のあるファーストメール文・テクニックとなっているのでご安心ください。

これであなたもヤリまくり!(笑)

出会い系サイトにおけるファーストメールとは?

出会い系におけるファーストメールとは、一言でいえば『挨拶』です。

普通、挨拶をされて嫌な気になる人はいません。さらに言えば、挨拶してきた相手の顔立ちや雰囲気がよい異性であればなんとなくでも気になるものです。

それは自分に例えてみれば分かると思います。転校してきたばかりの男の子や女の子、合コンで初めて出会った女の子、風俗で指名してみた相手。どんあ出会いもすべては挨拶から始まっています。そして挨拶の印象の良し悪しで、大体その人の人柄は伝わるものです。

 

出会い系サイトでは、顔はプロフィールに掲載されている顔写真で見ることになりますが、雰囲気はメール文面から判断することになります。

ファーストメールのファーストメールの重要性が少し分かってきましたよね。

 

そして、基本的に出会い系で沢山ヤるコツは、ファーストメールを女の子にガンガン送信することです。

当然ファーストメールの質が高ければ相手からの返信率は高まります。

しかし、ガンガン送信するとなると、複数の女の子にいちいちメールを一から作っていては大変ですし、面倒ですよね?ある程度コピペしていないと、とてもじゃないですがやってられません。

なのでファーストメールは必ず土台となる自分のテンプレを作っておきましょう。

 

では、一体どんなファーストメールを作り上げれば良いのでしょうか?

まず大前提として、出会い系サイトでの私たちの目的は女の子とSEXすることです。気持ちいいことをすることです。決して長く女性と付き合うために出会い系サイトを使っているわけではありませんよね?

考えてみてください。「恋人を探している」「結婚相手を探している」といった場合は長く付き合うのであれば、本来の自分を赤裸々に伝えないといけませんが、一夜限りの関係や定期的に会うセフレくらいであれば本来の自分である必要は一切ありませんよね。

つまり、基本的にはヤッたらもう二度と会うことはない女性なわけですから、ファーストメールを送る時は本来の自分とは違うキャラ・別人格で臨むくらいがちょうど良いです。

例えば、普段はコミュ障でもメールの文面では明るいニュアンスで書くとかです。

 

そのことを踏まえ、早速具体的なファーストメールのテンプレート(サンプル例文)をご紹介します。

出会い系ファーストメールのテンプレート(サンプル例文)

ファーストメールのテンプレート(サンプル例文)を紹介します。

●●(相手の名前)さん

はじめまして!
●●(場所)で仕事をしている●●(名前)です。

プロフィールを見て気になったのでメールしました!

●●(相手の名前)さんは料理が得意なんですね!
僕も一人暮らしなので、料理は良く作ります。でもレパートリーがあまり多くなくて同じものばかり作ってます(笑)

●●(相手の名前)さんオススメの簡単に作れる料理があったら是非教えてほしいです!

 

お仕事は何をされていますか?仕事帰りや週末に気軽に飲みに行けたら嬉しいです。

僕もあまり出会いがなくて登録しました。
ぜひ●●(相手の名前)さんと仲良くなりたいので、お返事だけでもいただけると嬉しいです。

※テンプレートの赤字部分は相手のプロフィールによって変更するところになります。

このテンプレートを使えば、直接会うことを前提にしたファーストメールなので、会うつもりのない女性やサクラや業者を回避することができます。

基本要素(以下で解説)を網羅しているので、読んだ女性に好印象を与えることが出来ますし、返信してくれた女性は会うつもりがある女性なので、出会える確率も跳ね上がります。

出会い系ファーストメールの狙い

上記でご紹介したファーストメールのテンプレートには明確な狙いがありますので、そちらを詳しく説明していきます。

この基本要素を網羅することで、女性からの返信率を3倍にアップすることができます。

5つの狙い(基本要素)
  1. 冒頭は挨拶と自己紹介
  2. 女性の「名前呼び」親近感を高める
  3. 女性のプロフィールを見ているアピール
  4. 話題を振って返信しやすくする
  5. 相手との共通点を書く

【ファーストメールの基本要素①】冒頭は挨拶と自己紹介

はじめまして!
●●(場所)で仕事をしている●●(名前)です。

常識のある男性と思わせるためにも、まずは挨拶と自己紹介をしましょう。挨拶は大切な礼儀作法ですよ。

また、自分の名前を記載し簡単な自己紹介をすることで相手の印象にも残りやすくなりますし、今後のやり取り上でも呼びやすくなります。

なお、この時に名乗る名前は、仮にあなたがプロフィールではイニシャルなどの名前を設定していても、必ずきちんとした名前を名乗るようにしましょう。

名前を公開していない人が、自分に公開してくれたと考えれば、相手の女性に誠実さや安心感を与え、距離が縮まりやすくなるものです。

ちなみに、特殊な例ですが、相手が名前を設定していない場合にも返信をもらった時に教えてもらえるケースもありますので、思っている以上に自己紹介は重要なんですよ。

【ファーストメールの基本要素②】女性の「名前呼び」親近感を高める

●●(相手の名前)さんは料理が得意なんですね!

冒頭や文章のところどころに相手の名前を書くようにしましょう。いわゆる「名前呼び」といわれる手法です。

基本的に人は自分の名前を呼ばれると嬉しい感情を持つといわれ、特別感や親近感を与えることができます。

文章の運びや内容に工夫を凝らすわけではなく簡単にできる工夫点のひとつなので、積極的に取り入れましょう。

【ファーストメールの基本要素③】女性のプロフィールを見ているアピール

プロフィールを見て気になったのでメールしました!

●●さんは料理が得意なんですね!
僕も一人暮らしなので、料理は良く作ります。でもレパートリーがあまり多くなくて同じものばかり作ってます(笑)

●●さんオススメの簡単に作れる料理があったら是非教えてほしいです!

テンプレートでは上記の箇所が「女性のプロフィールをみているアピール」の部分です。

多くの女性には毎日複数のメールが届いています。どのメールもコピペコピペした内容であったときに、唯一きちんとプロフィールまで読んでくれた人がいると思ったら好印象持ちませんか?

普通の感覚では、誰彼構わずメールを送ってくる人よりも、きちんと相手のプロフィールを読んでメールしてくれた人の方が会ってみたくなりますよね。

非常に効果的な手法なので、その女性がプロフィールに掲載している趣味や特技などについて触れてあげることで「事前にプロフィール読んだよ」と暗に伝えましょう。

【ファーストメールの基本要素④】話題を振って返信しやすくする

お仕事は何をされていますか?仕事帰りや週末に気軽に飲みに行けたら嬉しいです。

敢えて疑問形で話題を振っています。

女性のプロフィールをみて、話題になりそうなのを1つピックアップし、それを疑問形でファーストメールに組み込みましょう。

自己紹介だけや質問のないメールには返信しにくいですし、繰り返しになりますがプロフィールに書いてあることを抜粋して投げかけてあげることでプロフィール見ているアピールができ「私に興味があるんだ」「他の人と違ってプロフィールまで見てくれている」と思わせることができます。

また、質問を3つ以上組み込んでしまうと、相手の返信の手間を増やすことになるので、ファーストメールの質問は2つ以下に留めましょう。

本気で知りたいことは2回目以降のメールでやり取りすればよいので、ファーストメールはあくまでも相手の女性が返信しやすいように質問を書くことが大事です。なるべく女性が頭を悩ませずに簡単に返信できることを質問しましょうね。

 

例えば、女性のプロフィールに映画が好きと書かれていれば、

「僕はアクション映画が好きなんですが、●●さんはどんなジャンルの映画が好きですか?」「最近見た映画で何か面白いものはありましたか?」等と書けばいいですし、

旅行が趣味と書かれていれば「旅行が好きなんですね!僕も最近石垣島に行ってきました!●●さんは次はどこかに行く予定があったりするんですか?」など、基本的に相手の興味のある分野(趣味・特技など)について質問してあげると積極的に答えたくなる傾向にあります。

誰もが自分の好きなものは他の人に共有したいものですからね。

【ファーストメールの基本要素⑤】相手との共通点を書く

僕もあまり出会いがなくて登録しました。

相手との共通点を見つけることで、親近感を高めることができます。

今回でいえば、相手は「出会いがないので出会いサイトに登録した」わけですから、自分も同じ状況だと伝えると相手に親近感を沸かせることができます。

●●さんは料理が得意なんですね!
僕も一人暮らしなので、料理は良く作ります。でもレパートリーがあまり多くなくて同じものばかり作ってます(笑)

プロフィール見たアピールのときも、「自分も料理をしている」など相手との共通があることを認識させてあげるとさらにGood。

人は自慢や自分語りはうざいと思いますが、共通点なら聞いていて楽しいと思うものです。

出会い系のファーストメールで大切なこと

出会い系のファーストメールで大切なポイントは以下の5つです。

5つの狙い(基本要素)
  1. 冒頭は挨拶と自己紹介
  2. 女性の「名前呼び」親近感を高める
  3. 女性のプロフィールを見ているアピール
  4. 話題を振って返信しやすくする
  5. 相手との共通点を書く

 

あとは、当然ですが「敬語であること」「改行して読みやすくすること」は必須です。顔文字や絵文字は堅苦しい感じが消えるのでOKですが、使いすぎるとキモイと思われるのでほどほどに(2個まで)しましょう。

 

冒頭にお伝えしましたが、事実である必要なんてありませんよ。相手との距離を詰めるために嘘でもOK(実際に会ってもバレない嘘ね)なので共通点を認識させることが重要なんです。

作ったメールを読んで自分だったらどう思うか?を追求し、返信率の高い文章にブラッシュアップしていけばあなただけの最強のファーストメールが完成すること間違いなし!返信率はグッとアップします。

また、ファーストメールは趣味別・職業別・年齢別など数パターンのテンプレートを用意しておくとラクにメールを送れるようになるので、メールを送信していく中で自分なりのサンプル分を作っていきましょう。

ファーストメールの内容は大事なのですが、それと同じくらいどんどんメールを送ることも大切です。ファーストメールを送るのは、始めは緊張するかもしれませんが、肉食系男子になった気持ちで気軽にどんどんメールを送っていきましょう。

本当にヤレますので。

エロ全開のファーストメールはアリか?

エロ全開のファーストメールでもヤレるのか?

結論からいうと、その手法でヤった経験は何度かありますが、基本的にはオススメしません。

どれだけ相手がヤリマンビッチであろうと「セックスしましょう!」というメールに対して「いいよ!」と返信する女性は極めて稀です。

通常であれば「は?しね!」と言われるか、無視されるかのどっちかです(笑)

ヤリマンビッチであっても誰でもいいわけではなく相手は選びたいということです(笑)あなたが思っている以上に、日本人の女性は建前を大切にする生き物なのです。

 

しかし不思議なことにファーストメールさえ乗り切り、2回目以降の連絡がとれるようになり、LINEの交換までこぎつけると一気にエロいメッセージを送っても受け付けてくれるようになります。

なので、あくまでファーストメールは真摯に。「オナニーするの?」「エッチいつした?」といったエロさを爆発させたメールはファーストメールではなく、仲良くなってから送りましょう。

2通目以降は積極的に直アド交換や会う方向にもっていくようにしましょう。世間話でどれだけ盛り上がっても私たちの目的は達成できません。恋した草食系男子じゃなくてセックスしたい肉食系男子になってある程度テキトーに送ることが沢山ヤるコツです。最短メッセージ数での出会いを目指しましょう。

 

▼僕みたいにエッチしまくりたい人はこちらをご覧ください▼