出会い系体験談

【ハッピーメールでセックス】20歳小柄な巨乳女子とお泊まりエッチした体験談

【ハッピーメールでセックス】20歳小柄な巨乳女子とお泊まりエッチした体験談。

これは、寂しがりや屋の小柄で巨乳な20歳和菓子屋店員の1人暮らし女子とお泊りセックスした話です。

突然ですが、寂しがり屋の女の子って可愛いですよね!

特にセックスの時に甘えん坊モードになって、可愛くエッチなおねだりなんてされたらたまらないです!

そんな女の子と冴えない僕がセックス出来たお話です。

ハッピーメールでセックスした自称寂しがり屋はガチで寂しがり屋でした!

僕は20代後半・オタク趣味の冴えないサラリーマンです。同期の奴は結婚してたり彼女がいたり、合コンに頻繁に出かけたり・・・でも、僕みたいな世間でキモオタ部類の奴には現実の出会いなんてそんな無いわけですよ。

でも、女の子と知り合いたい!セックスしたい!という欲は人一倍あるわけで・・・笑

そんな気持ちからハッピーメールに登録したのがきっかけでした。

しかし、登録して色んな女の子にメッセージを送りましたが、返答が来ない事や、やり取りしても途中で音信不通になったりして諦めかけていました。

そんなある日のこと。

亜紀ちゃんという20歳の女の子から返信がやってきました。

話を進める中で亜紀ちゃんは父子家庭でとても寂しがり屋さんということが判明。

学校も通信制卒で友達が少ないので、仲良くしてくれる人を探していましたとの事。
早速、思い切って遊びに出かけませんか?とのお誘いに快くOK!

約束の日までも毎日のようにやり取りを進めていました。

ハッピーメールでセックスした子は出会ってみると意外と積極的??無自覚の甘えん坊女子でした!

当日は足が無いとの事で、最寄の駅まで僕が車で迎えに行くことにしました。

駅に着き、待ち合わせ場所に着くと「ごめんね!ちょっと遅れます!」とのメッセージ。
正直緊張していたので助かりました。笑

携帯をいじりながら5分位待っていると、

亜紀「あの・・・斎藤さんですか?」

僕「あ!亜紀ちゃん?」

亜紀「はい!よかったぁ・・人違いだったらどうしようかと・・・笑」

現れたのは茶色のコートに赤いスカートを履いた小柄な女の子。

プロフでは148cm。すごく可愛いって訳では無いけど愛嬌は素朴な女の子って感じ。そして服の上から分かるくらいの巨乳!その身長でその巨乳は反則だろう・・・って感じでした!

そして、人見知りゆえに慣れるまで少し時間がかかりましたが、慣れてくると「手繋いでもいい?」とか腕組んで歩いてきたりとか、かなりの甘えたがりでドキドキしました。

初対面の日は、まだ慣れないみたいでぎこちなかったので何度かデートを重ねました。

そんなある日、突然仕事終わりにメッセージが。

亜紀「すごく寂しい気分で・・もし良かったら家に遊びに来ませんか?」

僕「大丈夫?仕事終わったからこれから行くよ!」

亜紀「本当ですか!?じゃあ、ご飯作って待ってますね!」

急いで向かうと、亜紀はカレーライスを作って待っていてくれました。

しかし、それどころではないのが薄着の部屋着にエプロン・・・そこから溢れんばかりのおおきなおっぱい・・・カレーの味なんて分からなくなりますよw

ご飯を食べてる間も亜紀はずっと横にくっついていました。

食べ終わって、少しゆっくりしていると突然

亜紀「ねぇ・・ぎゅーってしてくれませんか?今日なんか変で・・・」

頷いて、亜紀のことを抱きしめました。この時点で下半身はすでに準備完了状態ですけどねw

ハッピーメールでセックスした子は甘えたがり年下女子!おねだりセックスで興奮大爆発!

抱きしめて、少し離したときに顔と顔が近づき見詰め合う体制に。

お互い特に言葉は交わす必要なかったですね。自然とその雰囲気でキス。

無言でキスをしながら、徐々にディープキスに。亜紀も興奮しているのが分かる状態になりました。

そのままディープキスしながら、巨乳に手を伸ばしました。

触れた瞬間ピクッと体を震わせる亜紀。

僕「嫌?嫌なら無理しないでね?」

亜紀「はぁはぁ・・大丈夫・・もっと触って。。」

この時点で薄い部屋着の合間から手を突っ込み直接おっぱいを揉みしだきました。

そして、乳首の周りを指でなぞるようにくるくると刺激して焦らしてみると

亜紀「お願い・・・触ってほしいです・・」

僕「どこをどさわってほしいの?」

亜紀「いじわる・・・」

僕「ちゃんと何をどうして欲しいか言ってくれなきゃ出来ないよ?」

亜紀「斎藤さんに乳首触ってほしいの・・・」

僕「斎藤さんっていうのは何かよそよそしいから斎藤くんがいいなー、あと敬語もなしね?」

亜紀「わかった・・斎藤くん、亜紀の乳首いっぱい触って?」

そこからは無我夢中で服を脱がし、さわったり舐めたり吸ったり。。。

乳首を攻めながら、割れ目にも手を伸ばすとすでにパンティがびちょびちょになるくらい濡れていました。

亜紀「今度は斎藤くんのこと気持ちよくしたい・・」

僕「どうやってしてくれるの?」

亜紀「いじわる・・恥ずかしいよ・・・」

僕「だって沢山甘えながらエッチしたいんでしょ?」

亜紀「ううぅ・・・斎藤くんのおちんちん沢山舐めたいよぅ・・・」

僕「じゃあ、沢山気持ちよくしてね?」

エロい言葉責めはこれまで培ったオタク知識が活きています(笑)

 

亜紀が優しく口いっぱいに頬張って、舐め上げてくれる快感と

亜紀「斎藤くんのおちんちんもっと欲しい・・おいひぃよぅ・・・」

なんて言うもんだからビンビンに勃起してしまいました。笑

亜紀がフェラしながら自分の手でクリをいじりだしたので、手を捕まえて

僕「自分でしていいの?して欲しいんじゃないの?」

と意地悪をいうと、すでに出来上がってる亜紀は先ほどみたいに恥ずかしがらず

「斎藤くんに亜紀のおまんこ舐めてほしい・・」

とあっさり白状。

69で亜紀の溢れる愛液を舐めながら攻め続けました。すると、亜紀のほうから

亜紀「もう我慢できないよぅ・・斎藤くんのおちんちん、亜紀のおまんこに入れてくれる・・・?」

完全に甘えた声でおねだりセックスに理性が吹っ飛びましたね!

速攻でびしょびしょの亜紀の中に挿入しました。

ちょっと地味目の女の子と思ってましたが、セックスはなかなか激しくて興奮しましたね!

「もっと!もっと奥まで来て欲しい!」

「ぎゅーってして!亜紀のこと沢山ぎゅーってして!」

「きもちぃぃよぅ!斎藤くんのおちんちん亜紀の中にもっとちょうだい!」

とにかく甘えた声でおねだり系の隠語が凄くていつもの亜紀とのギャップに驚きました。

最後は

亜紀「斎藤くんの精子、全部お口に出して欲しい・・」

僕「どうして?」

亜紀「斎藤くんのだから・・・本当はおまんこの中に全部出して欲しいけど今は赤ちゃん出来たら困るから・・・でも全部中にほしいからお口に・・・お口なら斎藤くんの精子、全部からだの中に残せるから・・・」

僕「亜紀はとんでもないえっちな甘えん坊さんだね?」

亜紀「斎藤くんだからだもん・・・斎藤くんのだから全部欲しいの・・・」

この言葉にKOされ、夢中で激しく突き上げまくってイク瞬間に引き抜いて、亜紀の口の中に突っ込んで全てぶちまけました。

亜紀「斎藤くんの精子・・・全部・・うれしい・・」

とろんとした目で全て飲み込んだ亜紀はめっちゃエロかったですね。

寂しがりの女の子は思った以上に人肌を求めていますね!

しかも、甘えん坊な性格なので誘導すれば、隠語でおねだりセックスも狙えて大興奮でした!

そしてセックスもですが、日ごろのデートでも甘えてくれるので超充実感がありますよ!

寂しがり屋女子はかなり狙い目です!プロフに寂しがりと書いてある女の子に絞って見ると出会える確立がアップするかもですね!

▼僕みたいにエッチしまくりたい人はこちらをご覧ください▼