Uncategorized

出会い系で声優さんとの初SEX!アニメ声プレイはガン勃ち必至。

出会い系には実生活では会えないいろんな職業の人がいる。

IT業界で外回りの営業をしている27歳のサラリーマンです。IT業界ではやはり技術職の方が花形で、システムを作れない営業はなんとなく肩身が狭いです。その上この業界は女性が少なく、実際には男社会なので会社に色っぽい話は全く転がっていません。
なのでやむを得ず出会い系で女の子を探しています。

出会い系をやっていると普段会えないいろいろな職業の人と知り合えるもので、看護師さん、元風俗嬢、ガールズバーのアルバイト、モデルさんとかもいて、仕事の愚痴を聞くだけでもなかなか面白いです。

今回会えることになったのは、声優さんをやっているわかなちゃんという女の子。
「わかなちゃんは何屋さんなの?」
「声優なの」
「ええー、声優さんって初めてだ」
「声優って言ってもまだちょい役しかもらえないけど」
「でもすごいじゃん」
「がんばってるけどね」
「一回ナマの声聞いてみたいなー」
「えー、喋るだけならいいよー」

てなやりとりがありまして、待ち合わせの場所を聞くときに一回電話をしたのですが、典型的なアニメ声というか、かなり子供っぽく聞こえる声でした。年を教えてくれなかったので、もしかしてほんとに子供だったらどうしようかとちょっと心配していました。

やってきたのは子供じゃなくてアニメ声のふんわり系女子だった。

待ち合わせにやってきたのは子供じゃなくて、僕と同い年かひとつふたつ年上かと思われるおねえさんでした。ゆるめのパーマをかけたセミロングの茶髪で、パステルカラーのひらひらのトップスと、膝丈くらいのフレアスカートを着ています。ふんわりした感じのファッションなのですが、胸元だけがかなりの膨らみです。推測するに鳩胸のEカップでしょう。

「こーんにーちはー」
いきなりのアニメ声でびっくり。
「あ、どーも。わかなちゃん?」
「そうでーす」
「いや、思っていたより声優さんの声でびっくりした」
「そうかなあ、あたし割と地声に近いんだけど」
「すごくかわいい声」
「ありがと」

この声をたっぷり聴くのはやはりカラオケだろうと思い、食事をしてすぐにカラオケに向かいました。
「ねえねえ、『じゃパリパーク』とか歌ってくれる?」
「いいよー、自分でもよく歌うんだー」

さすがアニメ声の声優さんのじゃパリパークは完全に違います。もうプロのシンガーと言ってもおかしくないくらいの出来ばえでした。
「すごーい、さすが声優さん。完璧じゃん。CDデビューしなよ」
「あははは、できるといいねえ」
彼女も商売柄アニソンは好きなようで、何曲か歌ってくれました。

2時間くらい歌ったところで、
「あんまり歌うとね、喉に来ちゃうから。商売道具だし」
と彼女が言うので、バーで飲みなおすことにしました。

「でもほんとにいい声だね」
「そう?ありがと」
「変な話、エッチの時もそういう声なの?」
「そんなの自分じゃ意識してないからわかんないよ」
「その声もっと聴いていたいなあ」
「えー、じゃあもう終電も行っちゃったから。。。」

バーで飲んでるうちに作戦通り終電が終わったので、めでたくホテルに持ち込めました。

アニメ声の喘ぎ声がこんなに萌えるとは思わなかった!

ホテルに入ってまずお風呂に入ろうと誘ってみましたが、
「えー、一緒は恥ずかしいよ」
というので、
「ねえ、それアニメ声で言ってみてよ」
とお願いすると、
「ええええー、一緒にお風呂入るなんてはずかしいですー」
と美少女アニメの声で言ってくれました。これは萌えました。

仕方なく彼女がお風呂に入るのを待って、交代で僕も入ります。お風呂から出てきたら、
「おかえりぃー」
とかわいらしく言うので、駆け寄って速攻でキスします。舌を入れてベロチュウし、首筋を舐めると、
「いやん」
とくすぐったそうな声を出します。
「可愛い声だね。もっと声出して」
とおっぱいに手をやると。
「あん、ダメですぅ」
といいながらカラダをくねらせます。思った通りのEカップで、敏感です。

ベッドに横になり、本格的におっぱいを揉みしだいてチュウチュウします。
「あはんっ」
おっぱいを両側から寄せて谷間に顔をうずめて顔パイズリすると、
「ああん、えっちぃ」
と僕の頭を抱えておっぱいに押し付けてきました。

クリトリスに指を這わすともうすっかり濡れています。
「ここ、舐めていい?」
と聞くと、
「ちょっとだけですよ」
とかわいらしい声で囁きました。

遠慮なく舌先でクリトリスを転がし、全体をベロベロ舐めまわすと、
「ああん、そこ、感じちゃいます」
と腰をピクピクして喜んでいます。

そして膝を立てさせてアナルの方を舌で責めると、
「ああん、そんなとこ舐めちゃだめですぅ」
と言いながら気持ちよさそうに喘ぎます。
僕のクンニで軽くイッたところで、
「おちんちん、舐めていいですか」
と彼女が僕のチンコを触ってきます。もはやエロアニメそのままです。それを聞いてチンコに芯が入りました。

仁王立ちになって彼女の前にチンコを突き出すと、彼女がチンコを握ってシコシコして、
「カチカチになってます」
と言いながらパクっと咥えてフェラチオを始めました。フェラは普通のフェラでしたが、アニメ声で、
「んんっ」
「あふっ」
と言いながらしゃぶるので僕はもう大興奮してしまいました。

顔を見ながら声を聴けるようにとりあえず正常位で挿入することにします。
「入れるよ」
「はい」

先っぽを入れると、
「あっ、入っちゃうぅ」
とかわいらしい声で喘ぎます。
Eカップのおっぱいを揉みながらピストンすると、
「ああん。気持ちいいぃっ」
といい声で啼きます。

「ああんっ、ああんっ」
とまるで美少女ゲームのような声でよがるので、チンコよりも頭が興奮して体位を変えるヒマもなくイってしまいました。

いや、アニメ声のセックスがこんなに興奮するものだとは思いませんでした。やはりエッチするときに声って重要なんだと改めて認識しました。次はご主人様プレイで「いけませんご主人様」と言わせながらやりたいと思っています。